大きくする 標準 小さくする

2009年01月09日(金)更新

最近の中国事情

中国の深センで工場を営んでいる、大先輩のI社長さんがおります。
御年こそ60歳後半ですが、見た目も考え方も若々しく、何せ元気な方です。
いつも勉強させて頂いております。
これまでの人生経験は、想像を絶するほどダイナミックといいますか、何せ文庫本700ページ近くある1冊の本として出版されているぐらいですから、相当なものです。

今朝もI社長から、中国に関する情報をメールで頂きました。

これまで、中国はアメリカの圧力により人民元の切り上げと、とてつもなく競争力のある加工貿易を規制してきました。然しながら、この不況で、規制が緩和されたという情報です。

これは当然ながら、中国にて委託加工を営んでいる企業にとっては朗報なわけで、この不況で、これまで規制がかかっていた政策がどんどん緩和されていき、まさに中国らしい変わりようで、追い風が吹いているとのことです。

それにしても、なんとも感心したのが、そのスピードの速さ。

確かに、アメリカの圧力に対し過剰規制がかかり過ぎていることに気づき、その緩和するタイミングを見計らっていた、ということらしいですが、今のこの日本の政策速度の差を目の当りにしたような気がしました。

日本は誰のための政治なのかよく分からないことだらけですし・・・

やはり勢いがある国は違いますね。
然しながら、法律や規制が日常的に変わることは間違いないようで、それが時には追い風になり、また反対に逆風にもなるわけです。
その情報力といいますか、人との繋がりといいますか、中国ではとても大事なようです。
でも、I社長も仰っておられましたが、「上に政策あれば下に対策あり」の国なので心配は無用だそうで、企業の経営者の方のほうがはるかに強かだそうです。

なるほど・・・今日もレッスンを受けてしまいました。



【刻印・刻印機のことなら当社HPへ】
【楽天ブログ「刻印屋のつれづれ日記」へ】

20141009bnr.jpg

会社概要

大正8年創業の老舗刻印メーカー。 刻印製品一筋に、自動車産業を始め、鉄鋼産業、継手バルブ産業、工作機械産業、貴金属産業などのさまざまな製品に打刻する刻印及び刻印機をご提供して参りました。小さいながらも、日本の各種産業を支える刻印専門メーカーです。 1919年 花輪刻印製作所を創業...

詳細へ

個人プロフィール

下町の刻印屋、東京彫刻工業株式会社の3代目です。刻印、刻印機という特殊な業界で世界を目指し、職人共々と日々全力疾走中!

詳細へ

<<  2018年1月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック