大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


2019年に・・・

投稿日時:2011/05/11(水) 22:40rss

だいぶ更新に時間が掛かりました。

別段、大した理由は無かったのですが・・・恐らく怠けておりました・・・

こちら香港・中国は30度を越え既に真夏状態です。

弊社の中国工場拡大工事も無事に終わり、いよいよ・・・・・・。

設備投資は、いつもながら不安と期待が入り混じる決断です、他の立派な社長さんは、きちんと熟考され余計な心配ごとなど何も無いと思いますが、私はいつも悩みます。

とは言え、最終的には、どうにかなる!で切り抜けてはいますが・・・

本日も、2台目となるマシニングセンターを購入契約してきました。少しづつではありますが、前進しているような・・・ただ気がしているだけですね。


話しは変わり、日本の本社は珍しく5月が新年度でして、第55期目がスタートしました。

5月2日に恒例の新年度経営方針を発表させて頂きましたが、これからの重要な社業の1つに、創業100周年があります。

8年後の2019年に、弊社は操業100周年を迎えます。

私は、非常に重みにある、大きな節目と捉えています。

その反面、これまでの100年間で弊社は一体何を社会に残してきたのか、そして今後どういう形で社会と関わっていくのか、そして会社とはどういうものなのか、考えるきっかけを頂いています。

100周年を目前にして、やるべき事の一つに、もちろん業績の向上は掲げましたが、やはり弊社は製造メーカーとして100年間営わせて頂いた知識を活かし、弊社ならではのものづくりを行わなければいけません。

その為に今後8年間で、何に力を入れていかなければいけないのか、私たちが進む道を明示させて頂きました。

恐らくその方向を歩み続けることにより、弊社ならではの、日本はもとより世界との関わり方が見えてくると思っています。

一元的な答えがない時代です、これまでと同じ、他と同じ、では生き残っていけない時代です、「弊社ならでは」を見つけ、後は迷うことなく進むだけです。



 

▼▼大正8年創業の老舗刻印メーカー 3代目代表取締役花輪篤稔▼▼
刻印、刻印機という特殊な業界で世界を目指し、職人共々と日々全力疾走中!


 

トラックバック一覧

コメント


そうですよね
「弊社ならでは」
これだけは今も昔も変わらない
ポイントですね!

Posted by 下町の莫大将 at 2011/05/12 06:07:15 PASS:

ごぶさたしております。学校も会社と同じです。橘もふたつの学校が統合してできた学校ですが、「永遠」の存在ではありません。ちょうど本校の前身にあたる、工業高校の周年記念誌を、読んでおりました。「本校ならでは」のヒントは、歴史のなかにありそうです。

Posted by 佐藤千秋@橘高校 at 2011/05/13 13:03:05 PASS:
名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
876688a9e47d3760e2fee38714fd6034.png?1516318759
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

大正8年創業の老舗刻印メーカー。 刻印製品一筋に、自動車産業を始め、鉄鋼産業、継手バルブ産業、工作機械産業、貴金属産業などのさまざまな製品に打刻する刻印及び刻印機をご提供して参りました。小さいながらも、日本の各種産業を支える刻印専門メーカーです。 1919年 花輪刻印製作所を創業...

詳細へ

個人プロフィール

下町の刻印屋、東京彫刻工業株式会社の3代目です。刻印、刻印機という特殊な業界で世界を目指し、職人共々と日々全力疾走中!

詳細へ

<<  2018年1月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック