大きくする 標準 小さくする

2009年04月29日(水)更新

工場見学

先週末、深センから帰国、たった数日間でしたが色々なニュースが

飛び交って、世も波乱万丈です。駅の売店では「SMAP解散」なんて見出しの

スポーツ新聞があったり、かなり危惧される豚インフルエンザ関連など、当然

予告付きのニュースなんて存在しないのですが、突然起きる出来事にただただ

驚愕するのみです。本当にこのままどうなってしまうのでしょうか…。

そして弊社では、27日(月)に神戸からお客様をお迎えし、工場見学に

来れられました。株式会社マツキ様、ご一行様です。

先月に墨田区で開催されたモノづくりシンポジウム時に一度松木社長様が弊社

に見学に来られ、今度は社員様を引き連れて遠路からお越しになりました。

前回、工場案内をさせて頂いた最年少彫刻職人見習いN君の姿に感動され、

今回の案内役もN君ご指名で来られ、弊社も指名制度は始めての経験。

N君始め、弊社社員さんにとっても「見られる化」が段々と板についてきまし

た。午前中は板金加工の浜野製作所さんを見学され、

午後に弊社に来られたのですが、墨田ならではの町工場モノづくり紀行を

体験されたわけです。

それにしても、この不況期に社員さん5~6名引き連れて神戸から来られる

わけですから、社長様の意気込みも大したものです。その気合にお応え

すべく、私たちも隠すことなく十分に「見られる化」をさせて頂きました。

松木社長様も、一橋大学の関教授絡み、いわば関チルドレンです。

松木社長様のこれまでのご経験から、「何事も人との出会い、縁」ということ

を強調されていました。阪神大震災からの教訓も含め、体感さえている方から

の言葉は重みがあります。やはり経験に勝るものは無しですね。

刻印 刻印機 マツキさん見学

▼刻印・刻印機のことなら東京彫刻工業株式会社HPへhttp://www.tokyo-chokoku.co.jp

▼楽天ブログ「刻印屋のつれづれ日記」へhttp://plaza.rakuten.co.jp/MarkingProducts/

▼▼大正8年創業の老舗刻印メーカー 3代目代表取締役花輪篤稔▼▼
刻印、刻印機という特殊な業界で世界を目指し、職人共々と日々全力疾走中!

2009年04月24日(金)更新

深センから

深センからです。

何回か本ブログにも登場している大先輩I社長さんを見ていると、中国人従業員

さんにまるで我が子のように接しています、と感じます。現地のローカルスタッフに

ついてあまり良い事を言わない経営者の方も居ますが、I社長の場合は、全くそんな

ことはありません。それはI社長と近い関係を持つ、周りの経営者の方々も同様

です。みなさん、とても上手に信頼関係を築きながらマネージメントをなされている

様に思えます。それは意識的にというよりも自然的に見えます。

ということは、その場凌ぎのやり方ではなく、これまでの経験がそうさせているので

あり、まさに一朝一夕にできるものではないと思います。

旅行ではなく、異国で働くということは、その国に住まわせてもらっている、働かせ

てもらっている、という現地に対する必要最低限の愛情や感謝の気持ちは持って

いないといけないと私は思っています。そしてなによりもその地域に還元できることを

していかないといけないとも考えてます。それは企業によりそれぞれ異なるわけなの

ですが、いずれ私たちもそうできるように進みたいと思っています。

▼刻印・刻印機のことなら東京彫刻工業株式会社HPへhttp://www.tokyo-chokoku.co.jp

▼楽天ブログ「刻印屋のつれづれ日記」へ
http://plaza.rakuten.co.jp/MarkingProducts/

▼▼大正8年創業の老舗刻印メーカー 3代目代表取締役花輪篤稔▼▼
刻印、刻印機という特殊な業界で世界を目指し、職人共々と日々全力疾走中!

2009年04月21日(火)更新

外界希薄

最近、視界が狭くなっているように思えます。

というのも、外界との繋がりが薄れているのです。

特に、3、4月は、社内事情で会社に居る事が多かったと自覚していますが

(おそらく当分続きます・・・)、それでも社外活動は殆どゼロでした。

ちょっと外界の空気を吸ったり、雰囲気を味わったりしないといけませんね。

なんとなく自分が狭くなっているような気がします。

明日からまた深センです。こちらは、こちらでまた違う空気ですが、

日頃の思いや考えをまとめるいいチャンスかもしれませんね。

何事もバランスですね、いってきます。

▼刻印・刻印機のことなら東京彫刻工業株式会社HPへhttp://www.tokyo-chokoku.co.jp

▼楽天ブログ「刻印屋のつれづれ日記」へhttp://plaza.rakuten.co.jp/MarkingProducts/

▼▼大正8年創業の老舗刻印メーカー 3代目代表取締役花輪篤稔▼▼
刻印、刻印機という特殊な業界で世界を目指し、職人共々と日々全力疾走中!

2009年04月20日(月)更新

コミュニケーションと段取り

コミュニケーションはとても大事ですよね。

特に言葉が違う場合など、それは念には念を入れないといけません。

当社はスペインと取引をしていまして、基本英語でやり取りしています。

あちらはラテンの国ですから、日本人みたいに細かくありません、多分・・・(笑)。

というのも、なんでそんなに細かいんだといつも言われます。

それはそれで、Japanese wayですから、しょうがないのですが、

だからこそ念には念を入れてコミュニケーションを図らねばいけないのです、

そこを端折ってしまうと偶にとんでもないことになってしまいます。

日本人通しでも、意思疎通が難しい、ときはありますから・・・。

コミュニケーションを段取りと置き換えると、分かりやすいかもしれません。

何事も段取りというのはきちんと正確にしておかないと駄目ですね。

これでもか、これでもか、というぐらいしつこさは大事だと思います。

これは製造現場に限ってのことではありません。営業でも設計でも事務でも、

なんでもそうです。

段取りさえきちんと出来れば、7~8割終わったようなもの、

なんて聞きますが、あとはいかに正確に、スピーディーに効率良く作業をする

かですから、本当にその通りかもしれません。

そう、仕事と作業は違うのです・・・

▼刻印・刻印機のことなら東京彫刻工業株式会社HPへhttp://www.tokyo-chokoku.co.jp

▼楽天ブログ「刻印屋のつれづれ日記」へhttp://plaza.rakuten.co.jp/MarkingProducts/

▼▼大正8年創業の老舗刻印メーカー 3代目代表取締役花輪篤稔▼▼
刻印、刻印機という特殊な業界で世界を目指し、職人共々と日々全力疾走中!

2009年04月16日(木)更新

新年度の発表会

当社の期末は、4月末です。もうそろそろ、今期が終わり新年度が始まります。

今年は、年度初めの挨拶として、私からの話しはほどほどにしようと思っています。

というのも、毎年年末に来年の方向を社内プレゼンしておりますので、来期は特に

年末からの理念を大きく変えていないので、程々にしようと思っております。

その代わり、各部からの前年度の成果と新年度の取り組み、各プロジェクトの成果

発表会などを中心に進めていきたいと考えております。

各部、新年度の取り組み内容は、今年の方向性に基づき、私の方で大まかテーマを

決めさせてもらいました。

つまり、私は舵取り役に徹するわけです。

自分たちでできることは自分たちで決め実施する、この思想を徹底したいと思ってお

ります。

私の仕事は、方向性の常時確認、すみだからの世界へのPR(大営業活動)、

そして地域への貢献だと思っています。

まだまだ考えないことがたくさんありますが、新年度の発表会が楽しみです。

▼刻印・刻印機のことなら東京彫刻工業株式会社HPへhttp://www.tokyo-chokoku.co.jp

▼楽天ブログ「刻印屋のつれづれ日記」へhttp://plaza.rakuten.co.jp/MarkingProducts/

▼▼大正8年創業の老舗刻印メーカー 3代目代表取締役花輪篤稔▼▼
刻印、刻印機という特殊な業界で世界を目指し、職人共々と日々全力疾走中!

2009年04月16日(木)更新

サービスとは?

サービスとは?最近頭の中にこの疑問詞がぐるぐる回っています。

自分が買い物をする際、いわゆるコモディティ品は、安い店やネットを利用して購入

するケースが多いです。この理由は、別段サービスに拘らないからであります(安さ

というカテゴリをサービスに含まなければ)。

でも、ちょっとした高い買い物であったり、アドバイスを受けなければわからないよう

な商品の場合、その物の価値だけでなく、気分良く購入できる店もしくは人を、無意

識に選んで買っていると思います。

私たちの製品は、決してコモディティ品ではないから、どちらかと言えば後者の方でし

ょう。そうなるとお客様は、どのような視点で私たちの製品を選んで頂いているのでし

ょうか。最近、そのことが気になります。

顧客満足度調査というものをISOの関係上年に一回実施していますが、これは年に

一回でなくてもいい訳で、むしろ毎日続けてもいい調査ですよね。

そこに8割方の答えが隠されていると思うのですが・・・。

残念ながら当社の場合、私の理念周知不徹底のせいか、毎日のようには挙がって

来ません。

しかしながら、サービス=値引き、タダ、と言う考えを未だに持っている人は意外と多

いのも事実で、確かに適度な値引きは必要かもしれません。でもサービスは決して

安いものではないと思うのです。もし、それでももっと下げろ、とかタダにしてくれ、な

どと言われたら、きっとそのお客様に対する接し方、つまりサービスが悪かったと言

わざるを得ないのではないでしょうか。更に、何か弱みに漬込まれ、値段しか交渉余

地がなくなってしまった場合は最悪です。実際、自分が購入する場合も、同じことで

すよね。

そう思うと、会社により製品によりサービス内容は異なるわけですが、まずお客様が

自社に何を求めているのか、何で自社を選んだのか、やはり知る必要があると思う

のです。そしてその強みを更に強くしていく策を考えるのがサービスにつながっていく

のではないでしょうか。まだまだ考え続けます・・・。

▼刻印・刻印機のことなら東京彫刻工業株式会社HPへhttp://www.tokyo-chokoku.co.jp

▼楽天ブログ「刻印屋のつれづれ日記」へ
http://plaza.rakuten.co.jp/MarkingProducts/

▼▼大正8年創業の老舗刻印メーカー 3代目代表取締役花輪篤稔▼▼
刻印、刻印機という特殊な業界で世界を目指し、職人共々と日々全力疾走中!

2009年04月13日(月)更新

プロ意識

開発業務に携わっていると、色々なことが見えてきます。良い面も悪い面も、

はたまた個人の性格まで見えてきます。

お客様からの依頼で製造していく日常業務の場合は、答えが1つしかないわけで、

その要求に答えられなければ全てNGです。つまり明確な結果を求められるわけで

す。しかしながら、開発となると様々な答えがあり、その過程の中で答えを見つけて

いく、もしくは自ら答えを作っていくケースが多いと思います。当然ぶれないコンセプト

が基本ですが・・・。

そこには幾つものハードルがあって、一つ一つクリアしていかないといけないのです

が、それが未知のものであるほど、挑戦と言う言葉が背中合わせになり、その挑戦

を最初から拒んでしまうこともあります。結果どうなるかはやってみないとわからない

ことが多いのに、できない言い訳を色々並べながら物言いしてくる人もいます。

そんなときは、とにかくやってみる、それしかありません。

また、結果上手くいかなかったとき、これまた失敗の言い訳を並べながら物言いして

くる人もいます。失敗は成功への母、であるにもかかわらず。

しかしがなら、失敗を100%許容しているわけではありません。なぜならその失敗内

容によるからです。更に輪を掛けてその言い訳に対してがっかりくる場合はありま

す。なぜならその失敗や言い訳がプロ意識に欠けている場合が多いからです。

うっかりしてとか、確認していないとか、失敗すると急に職人が職人でなくなる理由を

挙げています。

やはり、どんな状況でも確実な仕事をやり抜くことがプロであり、職人となれ

るわけで、上辺の言い訳を並べているようではまだまだです。

失敗してはいけない、ということではありません。やはり挑戦する以上、全て予測でき

るとは思いません。でもその不安定な予測を極力減らすことはできるわけで、そこに

は日頃の仕事に対する情熱や志が重要だと思います。

▼刻印・刻印機のことなら東京彫刻工業株式会社HPへhttp://www.tokyo-chokoku.co.jp

▼楽天ブログ「刻印屋のつれづれ日記」へhttp://plaza.rakuten.co.jp/MarkingProducts/

▼▼大正8年創業の老舗刻印メーカー 3代目代表取締役花輪篤稔▼▼
刻印、刻印機という特殊な業界で世界を目指し、職人共々と日々全力疾走中!

2009年04月08日(水)更新

改めて言うことではありませんが・・・

今更何を言っているんだ、とご指摘があるかと思いますが、中小企業は、一人で

何でもやらなければいけません。

これは、経営者も、管理職も、一社員さんも皆同じで、俗にいう多能工です。

経営者の立場から言わせて頂ければ、経営企画はもちろんのこと、

経理や財務、営業、製造、開発、総務、全てに関わらなければいけなく、

大企業とは異なり夫々の部門を熟知していないといけないわけで、時に何でも屋に

なるわけです。任せなければいけないところは多々ありますが、常に方針や方向性、

決断は、経営者でないと出来ないですよね。その為の知ることは重要です。

今日の行動予定を何となく振り返ると、開発業務、会計業務、営業業務、戦略業務

と殆どの業務をこなしている自分に気づきました。普段、あまり気にしていないの

ですが、最近実作業に率先して関わっている業務があるので、我ながらハードだな、

と思ってしまうわけです。

でも根本は「楽しい」のです。我らが一橋大学の関教授も仰っている通り、

「楽しくなければ生きている意味が無い」と常日頃叩きこまれていますので、

「楽しく仕事をする」ということは基本です。これは決して好き勝手に、ということでは

なく全ては「思い」から始まるのだと理解しています。

当社品質管理室のYさんは、御年も大先輩ですが、常日頃「好奇心が元気の源」と

言ってます。まさにその通りで、好奇心をもって何事にも取り組むことはとても大事

ですよね。

さあ明日も頑張りましょう!

▼刻印・刻印機のことなら東京彫刻工業株式会社HPへhttp://www.tokyo-chokoku.co.jp

▼楽天ブログ「刻印屋のつれづれ日記」へ
http://plaza.rakuten.co.jp/MarkingProducts/

▼▼大正8年創業の老舗刻印メーカー 3代目代表取締役花輪篤稔▼▼
刻印、刻印機という特殊な業界で世界を目指し、職人共々と日々全力疾走中!

2009年04月06日(月)更新

レイアウト変更

「見える化」と「見られる化」運動実施中!ということで、先日社内のレイアウトを大幅

に変更しました。

今まで、営業部と設計部は別々の部屋でしたが、その壁(パーテーション)を

取っ払い、全てを一つのフロアに集約いたしました。

簡単に壁を取り外せると思っていたのですが、意外や意外、7名で半日掛りの

作業でした。

また机上にあった背の低い仕切りも取り外し、完全なOPEN化としました。

社外や地域への発信とは異なりますが、社内でも「見える化」「見られる化」を

実施中です。

レイアウト変更と同時に整理整頓清掃、いわゆる3Sも実行できましたので、

大変でしたが、結果良しですね。

それにしても、撤去作業皆さんご苦労様でした。
刻印 刻印機 Newoffice

▼刻印・刻印機のことなら東京彫刻工業株式会社HPへhttp://www.tokyo-chokoku.co.jp

▼楽天ブログ「刻印屋のつれづれ日記」へhttp://plaza.rakuten.co.jp/MarkingProducts/

▼▼大正8年創業の老舗刻印メーカー 3代目代表取締役花輪篤稔▼▼
刻印、刻印機という特殊な業界で世界を目指し、職人共々と日々全力疾走中!

2009年04月02日(木)更新

サービスはとても重要なのですよ

4月に入りましたね。東京はまだまだ寒いですが、御花見シーズンを迎え、気持ちだ

けでも春らしく、新年度に意気揚々といった感じでしょうか。

今日は、社内技術力アッププロジェクト、国家検定制度である技能検定の申し込みを

してきました。飯田橋にある東京職業能力開発サービスセンターで本日9時から受付

開始なのですが、私が到着したのは朝の9時半頃、すでに大勢の順番待ちで場内は

ごった返しており、私の番号は191番。驚いたことに到着して直ぐに、申込み定員オ

ーバーとなり受付が終了した科目も発生。これは何の申込みだ?と思うほど異様な

雰囲気でありました。

当社が申し込みをする科目は4科目7名でしたが、定員オーバーにならないことを祈

りつつ、控えホールで待つこと、待つこと・・・・待つこと・・・3時間、やっと自分の番号

が呼ばれ別室に入ると、またそこに50名ほどの受付待ちの人、ヒト、ひと・・・

なんだこれは?

結果、午後2時に当社の申込みは終了しました・・・総待ち時間4時間半・・・

それにしても、なんとも納得できないのが、システム要領の悪さ。

受付は5名で対応していましたが、1枚の申込み帳をその5名で廻しながら記入して

いくのです。当然他の窓口が受付中であれば、その申込み帳に予約することができ

ない・・・なんとも御粗末なというか、御役人仕事というか、効率を考えないというか、

民間では考えられないシステムです。

待たされている私たちも相当に疲れますが、彼らも同様に疲れるはず。

そのセンター内に誰もそのシステムに疑問を持つ人はいないのでしょうか?

当然待たせれている人の中には、声出して文句の言う人もいましたが、反面教師的

にサービスが悪いというのはとても怖いものだと思い知らされました。

時世に反するサービスを強制的に体感してしまった1日でした・・・

▼刻印・刻印機のことなら東京彫刻工業株式会社HPへhttp://www.tokyo-chokoku.co.jp

▼楽天ブログ「刻印屋のつれづれ日記」へhttp://plaza.rakuten.co.jp/MarkingProducts/

▼▼大正8年創業の老舗刻印メーカー 3代目代表取締役花輪篤稔▼▼
刻印、刻印機という特殊な業界で世界を目指し、職人共々と日々全力疾走中!

20141009bnr.jpg

会社概要

大正8年創業の老舗刻印メーカー。 刻印製品一筋に、自動車産業を始め、鉄鋼産業、継手バルブ産業、工作機械産業、貴金属産業などのさまざまな製品に打刻する刻印及び刻印機をご提供して参りました。小さいながらも、日本の各種産業を支える刻印専門メーカーです。 1919年 花輪刻印製作所を創業...

詳細へ

個人プロフィール

下町の刻印屋、東京彫刻工業株式会社の3代目です。刻印、刻印機という特殊な業界で世界を目指し、職人共々と日々全力疾走中!

詳細へ

<<  2009年4月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメント一覧

最新トラックバック