大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


最近の図書で

投稿日時:2009/01/20(火) 23:26rss

以前購入した本で、手付かずのまま本棚に放置されている書籍が、恥かしながら結構あります。

本棚から引っ張り出し、通勤時間を利用して読み始めるのですが、読破<新規購入が多く、なかなか本棚から消えません。

その中の一つ、数年前に購入した「日本人は永遠に中国人を理解できない」という本を読みました。

cyuugoku

著者は、孔健氏で、孔子第75代直系子孫の方です。

以前、銀行の開催するセミナーで講演を拝聴したことがあり、日本語も達者ですし日本の文化も精通している人です。

なかなか事例交えての実践的な本でした。
中国人は騎馬民族=流浪民族である、それに相反して日本人は農耕民族=定着民族であり、全く性質が異なるということを前提に展開していくわけです。
なるほどと理解できる半面、もしそうであれば中々手強いと思うこと半面、今後中国とどう付き合っていくかが課題である我々には、否応なしに付いて廻る問題だと思うわけです。

書かれた時期がすでに1999年なので今は大分異なっているかもしれませんが、今後中国を含めたアジア地域を自分たちの市場と見る意見には私も賛成です。

もう少し中国という国を私たちは知らなければいけませんね、改めて思いました・・・。



▼刻印・刻印機のことなら当社HPへhttp://www.tokyo-chokoku.co.jp

▼楽天ブログへhttp://plaza.rakuten.co.jp/MarkingProducts/

トラックバック一覧

コメント


昨晩はお疲れでした♪

とても参考になりました。

ありがとう!

Posted by 下町の莫大将 at 2009/01/21 12:54:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

大正8年創業の老舗刻印メーカー。 刻印製品一筋に、自動車産業を始め、鉄鋼産業、継手バルブ産業、工作機械産業、貴金属産業などのさまざまな製品に打刻する刻印及び刻印機をご提供して参りました。小さいながらも、日本の各種産業を支える刻印専門メーカーです。 1919年 花輪刻印製作所を創業...

詳細へ

個人プロフィール

下町の刻印屋、東京彫刻工業株式会社の3代目です。刻印、刻印機という特殊な業界で世界を目指し、職人共々と日々全力疾走中!

詳細へ

<<  2019年6月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメント一覧

最新トラックバック