大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


やはり子供は凄かった!

投稿日時:2009/02/16(月) 19:40rss

昨日、日曜日のお話です。

家族で近所の公園に行ってきました。

その公園は、子供の年齢に合わせて遊具が分かれています。

3歳ぐらいまでの区画、幼稚園年長程度までの区画、小学生以上の区画など、こんな感じです。

当然、我が子は2歳なので、3歳ぐらいまでの区画で遊ぶわけですが、一通り遊びきると、今度はその上の年齢の区画に無謀にも挑戦始めました。

私は親ですから、怪我させたくない一心で、

「XXちゃん、これは止めた方がいいんじゃない」とか、
「XXちゃん、落ちゃうから危ないよ」、

と言って良きアドバイス(?)を囁くわけです。

しかし彼は言うことを聞きません。

トコトコと、ウンテイの縦バージョーンみたいな10段ぐらいありそうなものを登ります。

「あれあれ、大丈夫かな」、後ろで、もしもの為にスタンバイしながらも内心ドキドキです。

それでも、私の気持ちなど無視して本人は、ケタケタ笑いながら・・・なんとか登り終えました。
刻印 刻印機 子供から1

私も一安心です。

その後、最年長の区画で、私の背丈ぐらいありそうで、且つ一つ一つの間隔が広い吊り橋にも挑戦。

となりで怖い怖いと叫ぶ小学生をよそに、果敢にも渡りきりました。

刻印 刻印機 子供から3

怖さを知らないということは、時として危険ですが、それを押さえ過ぎるのも良くない、ということを、子供の果敢な挑戦(?)から感じました。

これは、会社内においても同じです。

色々想いを巡らす前に、まずは飛び込むという姿勢も、一理あるわけです。

そこで失敗したらまた元に戻ればいいのであって、次回同じ失敗をしなければいいだけのことです。

昨日も、子供から一つ学ばせて頂きました・・・

▼刻印・刻印機のことなら東京彫刻工業株式会社HPへhttp://www.tokyo-chokoku.co.jp

▼楽天ブログ「刻印屋のつれづれ日記」へhttp://plaza.rakuten.co.jp/MarkingProducts/

▼▼大正8年創業の老舗刻印メーカー 3代目代表取締役花輪篤稔▼▼
刻印、刻印機という特殊な業界で世界を目指し、職人共々と日々全力疾走中!

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

大正8年創業の老舗刻印メーカー。 刻印製品一筋に、自動車産業を始め、鉄鋼産業、継手バルブ産業、工作機械産業、貴金属産業などのさまざまな製品に打刻する刻印及び刻印機をご提供して参りました。小さいながらも、日本の各種産業を支える刻印専門メーカーです。 1919年 花輪刻印製作所を創業...

詳細へ

個人プロフィール

下町の刻印屋、東京彫刻工業株式会社の3代目です。刻印、刻印機という特殊な業界で世界を目指し、職人共々と日々全力疾走中!

詳細へ

<<  2021年10月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメント一覧

最新トラックバック