大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


コミュニケーションと段取り

投稿日時:2009/04/20(月) 20:00rss

コミュニケーションはとても大事ですよね。

特に言葉が違う場合など、それは念には念を入れないといけません。

当社はスペインと取引をしていまして、基本英語でやり取りしています。

あちらはラテンの国ですから、日本人みたいに細かくありません、多分・・・(笑)。

というのも、なんでそんなに細かいんだといつも言われます。

それはそれで、Japanese wayですから、しょうがないのですが、

だからこそ念には念を入れてコミュニケーションを図らねばいけないのです、

そこを端折ってしまうと偶にとんでもないことになってしまいます。

日本人通しでも、意思疎通が難しい、ときはありますから・・・。

コミュニケーションを段取りと置き換えると、分かりやすいかもしれません。

何事も段取りというのはきちんと正確にしておかないと駄目ですね。

これでもか、これでもか、というぐらいしつこさは大事だと思います。

これは製造現場に限ってのことではありません。営業でも設計でも事務でも、

なんでもそうです。

段取りさえきちんと出来れば、7~8割終わったようなもの、

なんて聞きますが、あとはいかに正確に、スピーディーに効率良く作業をする

かですから、本当にその通りかもしれません。

そう、仕事と作業は違うのです・・・

▼刻印・刻印機のことなら東京彫刻工業株式会社HPへhttp://www.tokyo-chokoku.co.jp

▼楽天ブログ「刻印屋のつれづれ日記」へhttp://plaza.rakuten.co.jp/MarkingProducts/

▼▼大正8年創業の老舗刻印メーカー 3代目代表取締役花輪篤稔▼▼
刻印、刻印機という特殊な業界で世界を目指し、職人共々と日々全力疾走中!

トラックバック一覧

コメント


念には念

が中々出来ないというか難しい。
でも週末前とか連休前にはしつこいぐらい
現場とは打ち合わせです。

そうしないと休み明けからブルーになるときがあるので(笑)


出張気を付けて!

Posted by 下町の莫大将 at 2009/04/21 06:30:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

大正8年創業の老舗刻印メーカー。 刻印製品一筋に、自動車産業を始め、鉄鋼産業、継手バルブ産業、工作機械産業、貴金属産業などのさまざまな製品に打刻する刻印及び刻印機をご提供して参りました。小さいながらも、日本の各種産業を支える刻印専門メーカーです。 1919年 花輪刻印製作所を創業...

詳細へ

個人プロフィール

下町の刻印屋、東京彫刻工業株式会社の3代目です。刻印、刻印機という特殊な業界で世界を目指し、職人共々と日々全力疾走中!

詳細へ

<<  2019年9月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

コメント一覧

最新トラックバック