大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


まだまだ使える!

投稿日時:2009/05/11(月) 21:14rss

今朝の朝礼にて、製造部M君がPCを使って報告を行ってくれました。

かれこれ数十年物の平面研削盤が、大分前から水漏れが発生していて、その

修復を数日かけて実施したという報告であります。

実際にメーカーを呼んでメンテを行うと、数十万の見積りが以前出てきた記憶

がありますが、今回の社内メンテでは、わずか数千円という経費で済んだよう

です。

M君だけではなく、組立の指導者Mさんや組立担当Gさんなど数名で関わった

作業だと聞いていますが、なかなか苦戦したようです。

数日間の結果、例え数十年前の機械でも、作業に支障のないように再生できた

わけで、この再生取組は技術の蓄積という意味でも大きな改善でありました。

やはりまだまだ使える物は大事にメンテしながら使用する、これは鉄則です。

愛着も沸くし、何よりもそれが職人気質だと思うわけです。

結局、機械を動かすのは人ですから・・・その思いということですね。

皆さんご苦労様でした!

刻印 刻印機 研磨機再生

▼刻印・刻印機のことなら東京彫刻工業株式会社HPへhttp://www.tokyo-chokoku.co.jp

▼楽天ブログ「刻印屋のつれづれ日記」へhttp://plaza.rakuten.co.jp/MarkingProducts/

▼▼大正8年創業の老舗刻印メーカー 3代目代表取締役花輪篤稔▼▼
刻印、刻印機という特殊な業界で世界を目指し、職人共々と日々全力疾走中!

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

大正8年創業の老舗刻印メーカー。 刻印製品一筋に、自動車産業を始め、鉄鋼産業、継手バルブ産業、工作機械産業、貴金属産業などのさまざまな製品に打刻する刻印及び刻印機をご提供して参りました。小さいながらも、日本の各種産業を支える刻印専門メーカーです。 1919年 花輪刻印製作所を創業...

詳細へ

個人プロフィール

下町の刻印屋、東京彫刻工業株式会社の3代目です。刻印、刻印機という特殊な業界で世界を目指し、職人共々と日々全力疾走中!

詳細へ

<<  2020年4月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメント一覧

最新トラックバック