大きくする 標準 小さくする


決断から英断へ

投稿日時:2009/08/21(金) 07:53rss

色々悩みは尽きないものです・・・何か事を始めるときは尚更です。

何せ初めてのことですから。

決断する、ということは実に労力が要りますね。当然リスクを背負わざる得な

いのが決断だと思いますので、どちらか好きな方に、というのあれば簡単で
す。

レストランでメニュー見て悩む程度の話です。

決断という言葉は、「断りを決める」ということですから、どちらかを捨てる、

ということなんでしょうね。

その結果「英断」と為るには、経験やら見識やら、はたまた運が必要なんだと

思います。

やってみないとわからない、ということもあります。予想できるシミュレーション

をしたところで、「う~んやってみないとわからないね」なんてことも少なからず

あります。この場合は、出来るだけリスクヘッジしながら進むしかありませんが、

最終的には一歩踏み出す勇気と嗅覚が必要かもしれません。

でもこれがなかなか難しいところです・・・

とにかく一歩前に進む事、経験することが何よりの近道なんです。

やはり悩みは尽きません・・・

▼刻印・刻印機のことなら東京彫刻工業株式会社HPへhttp://www.tokyo-chokoku.co.jp

▼楽天ブログ「刻印屋のつれづれ日記」へhttp://plaza.rakuten.co.jp/MarkingProducts/

▼▼大正8年創業の老舗刻印メーカー 3代目代表取締役花輪篤稔▼▼
刻印、刻印機という特殊な業界で世界を目指し、職人共々と日々全力疾走中!

トラックバック一覧

コメント


やってみなければ分からない

でも、失敗はしたくない!
こんな時代だからこそそいう念いは強い!

でも一歩踏み出せた自分を褒めることで
自分自身を納得させるのも一つ落としどころかもしれませんね。

今度ゆっくり♪

Posted by 下町の莫大将 at 2009/08/22 07:52:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

大正8年創業の老舗刻印メーカー。 刻印製品一筋に、自動車産業を始め、鉄鋼産業、継手バルブ産業、工作機械産業、貴金属産業などのさまざまな製品に打刻する刻印及び刻印機をご提供して参りました。小さいながらも、日本の各種産業を支える刻印専門メーカーです。 1919年 花輪刻印製作所を創業...

詳細へ

個人プロフィール

下町の刻印屋、東京彫刻工業株式会社の3代目です。刻印、刻印機という特殊な業界で世界を目指し、職人共々と日々全力疾走中!

詳細へ

<<  2020年4月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメント一覧

最新トラックバック