大きくする 標準 小さくする


築城3年落城3日

投稿日時:2009/09/20(日) 14:40rss

昨日は土曜日でしたが、社員11名が出勤し緊急ミーティングを午後一杯かけ

て行いました。16時頃には、中国から帰国した製造部長も、成田から直行で

駆けつけました。

お恥ずかしい御話しですが、前日に不良を出し、その恒久的な対策を関係者及

び社内の有志で集まって答えを導き出すよう指示した為です。

今回の不良には直接関係のない有志二人も参加してくれたことは正直嬉しかっ

たです。

「すいませんでした」「もう二度と不良を出しません」・・・

その言葉は聞き過ぎました。精神論ではなく、なぜこうなったのか、どうすれ

ば防げるのか、その改善は持続的に可能であるのか、問題となる核を見つけ改

善しなければ決して不良は無くなりません。そのために当社も含めてですが、

ISOを導入したり、業務の簡素化を図ったりしているわけですが、正直、どこ

まで現場レベルまで浸透しているのか見えないわけで、結果このような事態に

なってしまうわけです。やはりシステマティックなやり方は現場で作り込んで

行かなければ意味はないのだ、ということです。つまり、自ら考え、実行して

いかなければ、いくら上司が吠えたところで変わらないわけです。

当社の場合、残念ながら不良を出した結果、このような場を設けることになっ

てしまいました。お客様に、原因と対策をきちんと文書で説明し理解を頂いた

上で、実作業内で恒久的な改善になっているのか見極めていかないといけませ

ん。マイナスからプラスに変えるということは、謝るということだけではない

のです。同じ不良を二度と出さない対策をきちんと説明し、実行し、認めても

らうしかありません。「築城3年落城3日」 再度肝に銘じましょう。

▼刻印・刻印機のことなら東京彫刻工業株式会社HPへhttp://www.tokyo-chokoku.co.jp

▼楽天ブログ「刻印屋のつれづれ日記」へhttp://plaza.rakuten.co.jp/MarkingProducts/

▼▼大正8年創業の老舗刻印メーカー 3代目代表取締役花輪篤稔▼▼
刻印、刻印機という特殊な業界で世界を目指し、職人共々と日々全力疾走中!




 

トラックバック一覧

コメント


今日も

会社でお見かけしましたがこの件ですか?
弊社でも先日、同じようなコトがありました。
見習わせて頂きます。

Posted by 下町の莫大将 at 2009/09/20 18:20:00 PASS:

永遠のテーマですね

花輪さん、こんにちは!

不良撲滅は、製造業としての
永遠のテーマです。

おっしゃるとおり
トップが動き、現場が変わらなければ
何も解決しませんね。

お互いがんばりましょう!

Posted by 伊藤@精密部品加工屋 at 2009/09/20 21:37:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

大正8年創業の老舗刻印メーカー。 刻印製品一筋に、自動車産業を始め、鉄鋼産業、継手バルブ産業、工作機械産業、貴金属産業などのさまざまな製品に打刻する刻印及び刻印機をご提供して参りました。小さいながらも、日本の各種産業を支える刻印専門メーカーです。 1919年 花輪刻印製作所を創業...

詳細へ

個人プロフィール

下町の刻印屋、東京彫刻工業株式会社の3代目です。刻印、刻印機という特殊な業界で世界を目指し、職人共々と日々全力疾走中!

詳細へ

<<  2020年4月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメント一覧

最新トラックバック