大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


社長が不在でも・・・

投稿日時:2009/11/12(木) 22:42rss

今月の深セン滞在は20日間になります。こんな長い期間会社を留守にするの

は始めてです。

先日、ある人から社長が会社に居ないのもどうかと思うけど・・・と言われま

した。

11月から中国での本格的生産に入り、いよいよ立ち上げ時期が始まりまし

た。特に異国での立ち上げですから思ったように行かないことも日常茶飯事、

もちろん言葉の壁もあります。

そう、いっそのこと、「XXさん、中国立ち上げ任せたよ、よろしく」と言っ

て、誰かに任せても良かったかもしれません。

そうすれば先に述べたように、社長が会社に・・・なんてことは言われずに済

んだのかも知れません。私ごとではありますが3人目の子供もまだ2ヶ月足ら

ずで、正直家庭も犠牲にしていると思います。

しかしながら、私はこちらの立ち上げに全面的に入ることを自ら選びました。

中国進出の言い出しっぺで、決めたのは自分だということもありますが、それ

よりも当社のような小さな町工場にとっては中国進出は一大プロジェクトで

す、それを社長自ら出ずに、誰が出てそして誰が責任を取れるのでしょうか。

特に立ち上げのような大事な時は社長が率先してリスクをとるべきだと私は思

います。当社のような小さな会社の場合、社長始め社員全員で多能工であるべ

きです。そして上手く流れが出来れば、その後はきちんと任せれば良いので

す。要はやり方、任せ方次第だと思います。

だから、いいんです、社長が会社に居なくても。不在でも回る仕組み作りが重

要なのだと思います。そうでなければ、社長は一歩踏み出せなくなります。

当社は今、同時に色々な中核事業が動いている状態です。だからこそ、皆が自

分の立ち位置を確認し、自ら率先して動くことが求められています。それが出

来ると信じているから新たな挑戦を始められるのです。

▼刻印・刻印機のことなら東京彫刻工業株式会社HPへhttp://www.tokyo-chokoku.co.jp

▼楽天ブログ「刻印屋のつれづれ日記」へhttp://plaza.rakuten.co.jp/MarkingProducts/

▼▼大正8年創業の老舗刻印メーカー 3代目代表取締役花輪篤稔▼▼
刻印、刻印機という特殊な業界で世界を目指し、職人共々と日々全力疾走中!

トラックバック一覧

コメント


同意します!

花輪さん




こんにちは!じぶです!

長期出張お疲れさまです!
がんばっておられますね

流石です。

社長不在でも、会社が回るというのが普通に出来るのが強い証拠です!

委譲が出来る体制
愛する家族への想い


経営TOPとしての判断と役務は
広範囲であり、重責です。
他の誰もが出来ることでは有りません。

だから、今回決断された選択と実行を心より応援します!

間違いなく、社員の皆さんも結束してめっちゃ頑張ってくれていますよ
(しかも、確実に成長してくれているはず!)

帰国が楽しみですね!

お体ご自愛ください。

Posted by じぶけん at 2009/11/13 09:34:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

大正8年創業の老舗刻印メーカー。 刻印製品一筋に、自動車産業を始め、鉄鋼産業、継手バルブ産業、工作機械産業、貴金属産業などのさまざまな製品に打刻する刻印及び刻印機をご提供して参りました。小さいながらも、日本の各種産業を支える刻印専門メーカーです。 1919年 花輪刻印製作所を創業...

詳細へ

個人プロフィール

下町の刻印屋、東京彫刻工業株式会社の3代目です。刻印、刻印機という特殊な業界で世界を目指し、職人共々と日々全力疾走中!

詳細へ

<<  2021年10月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメント一覧

最新トラックバック